賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > 外に階段を付けて玄関を別にする間取りの二世帯住宅がおすすめ?

外に階段を付けて玄関を別にする間取りの二世帯住宅がおすすめ?


マイホームの間取りを考えるとき、親世帯と子世帯が一緒に生活する二世帯住宅を検討する場合、どのような形にすればよいか迷うこともあるかもしれません。

親子とはいえ、やはりプライバシーが守られる間取りがよいという場合には、2階建住宅なら階段を外につけて玄関を別々にするなど、完全に住居を分離させることもできます。

そこで、どのような間取りがあるのか、どれが快適な生活を送る上で理想的なのか確認しておきましょう。

同居タイプの間取り

寝室はそれぞれ別だけれど、それ以外は共用するタイプの間取りです。

親世帯と子世帯で生活の時間帯に大きく差がないなら、同居型の間取りのほうがコミュニケーションの時間も増えて大家族としての醍醐味を味わいやすいといえるでしょう。

部分共用タイプの間取り

玄関や浴室など、一部の設備は共用とし、親世帯と子世帯の生活範囲を分離させた間取りです。

生活時間帯がそれぞれ違うときや、ある程度のプライバシーは保たれた方が良いという場合に適した間取りです。また、完全に分離するわけではないので建築費用も抑えることができるでしょう。

たとえば2階建ての住宅の場合、1階は親世帯、2階に子世帯といった間取りが部分共有タイプです。

完全分離タイプの間取り

マンションは同じで部屋は隣同士といったタイプの間取りなので、同じ敷地内にいながらも生活を完全に分けることができます。

2階建ての住宅なら、家の内側に階段を作っていけば、それぞれ行き来が可能となるでしょう。玄関は別にするために、外階段を付けたり、壁を隔てて左右に世帯を分けたりすることで実現します。

もっともおすすめの間取りは?

プライバシーを守ることを重視するなら、完全分離タイプの二世帯住宅がよいでしょう。なお、完全分離タイプの場合、横割りと、縦割りがあります。

横割りは1階が親世帯、2階は子世帯というタイプです。この場合、水周りの位置を考えておかなければ、生活時間帯がそれぞれ異なると排水音が1階に響いてしまう可能性があります。

縦割りは二戸一住宅など、2棟の住宅が連なった形になっているタイプです。同等の家を内壁で分離させる形になるので、排水音などの問題を避けることができますし、庭を持つこともできます。

いきなり同居は難しくても安心できる生活を

親のことは心配だけれど、核家族に慣れてしまったのでいきなり同居は難しいという場合、お互いの暮らしに干渉せず、一緒に生活できる二世帯住宅はとても良い方法といえるでしょう。タイプによって特徴はそれぞれですが、生活スタイルに合うものを選ぶようにすることが大切です。