賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > 夢のある将来設計を可能とする賃貸併用住宅のメリットとは?

夢のある将来設計を可能とする賃貸併用住宅のメリットとは?


生活する空間である住居だけでなく、賃貸物件としての機能も併せ持った住宅に「賃貸併用住宅」という形があります。

住宅なのに賃貸物件としても利用できる住宅であることで、マイホームを手に入れることで抱える住宅ローン返済の悩みや、将来必要となる資金確保における不安を解消することができるでしょう。

安定した収入を得ることができれば将来設計にも夢を広げることができるはずです。では、賃貸併用住宅にはどのようなメリットがあるのか、デメリット部分も踏まえてご紹介します。

古い空き家がこの先どんどん増える?

現在、増加傾向にあり社会的にも問題視されているのが空き家の存在です。誰も住むことがなく、再利用することもできない空き家は、取り壊して更地にするにも費用が掛かりますし、家が建っていないことで土地の税金も高くなってしまいます。

そのため使い道がないとしても、そのまま放置してしまうというケースも多く、将来的に老朽化した空き家が増え続けてしまうことが懸念されている状態です。

賃貸経営を行うメリット

空き家を解体して更地にし、賃貸併用住宅を建てるといった土地の有効活用を検討してみましょう。家賃収入を得ることができる様になるだけでなく、所得税や住民税、相続税など税制部分でも優遇措置が適用される場合もあります。

アパートローンの完済が終わった後も賃貸経営を続ければ、将来的には年金プラス不労所得といった安定収入が見込めるようになります。

空室リスクを回避できる設計が重要

ただし、人に部屋を貸すということは空室が出る可能性もあるということを理解しておきましょう。賃貸併用住宅でもっとも懸念されることは空室リスクです。

家賃収入を得ることを想定した上でアパートローンを返済していく計画を立てていかなければなりませんが、もし空室がでてしまうと本来得るはずだった家賃収入が少なくなってしまいます。

人によってライフスタイルや嗜好などは異なるため、ニーズのある物件でなければ借り手がみつかりにくくなるでしょう。

このようなことも踏まえて、住んでみたいと思ってもらえる賃貸部分に設計することが重要になります。

快適な住まいを得るためにも専門家に相談を

しかし、あまりに賃貸部分にこだわりすぎてしまうと、今度は自分が生活する空間が二の次となってしまい、快適な暮らしが送れなくなる可能性も出てしまいます。

そのため、賃貸併用住宅を希望する場合には、特に何を重視して家づくりをしていくのか、プロや専門家に相談しながら決定していくことが大切と言えるでしょう。