賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > 女性向けシェアハウス「かぼちゃの馬車」で問題になっていることとは?

女性向けシェアハウス「かぼちゃの馬車」で問題になっていることとは?


女性向けシェアハウス「かぼちゃの馬車」を運営していた「スマートデイズ」の経営破綻は大きな問題となっていますが、投資したオーナーが1億円を超える借金を背負うという事態が起きています。

今後、不動産投資を検討する場合、このような自前の土地や資金がなくてもシェアハウスのオーナーとなれるといった話に気軽に乗ってしまわないようにしましょう。

かぼちゃの馬車で何が問題になった?

スマートデイズは、首都圏を中心として2014年4月から「かぼちゃの馬車」というブランド名を使い、女性専用のシェアハウスを展開していきました。

土地と建物を借り上げ、家賃を居住者から集めることで、所有者に対する賃借料を毎月支払っていけるサブリースという仕組みを利用して拡大していった会社です。

なぜ多くの顧客を獲得できたのかというと、毎月の家賃保証だけでなく、利益を数万円程度得ることができるという部分を魅力に感じたオーナーが多かったからです。

物件を所有していれば収入を得ることができるとすれば、だれでも物件を購入しようと思うかもしれません。

ターゲットとなったのは30代や40代の現役世代の中でも働き盛りといえるサラリーマンたちで、しかも一定以上収入がある大手企業に勤務する人たちが狙われました。

オーナーたちの現状は?

しかし、主力銀行だったスルガ銀行が融資を打ち切ったことにより、物件オーナーに対する賃借料の支払いの一部は延滞、2018年1月には完全に停止となりました。

賃料収入を得られなくなったオーナーは700人以上ともいわれており、販売されていた物件は1棟1億円前後とのことです。さらにオーナーのほとんどは、スルガ銀行からの全額融資を受けて物件を購入していたため、利息も含めた1億円を超える債務を抱えなければいけなくなってしまったのです。

銀行が儲けに走ったことも要因の1つ

融資の際には審査基準を極端に低く設定し、返済能力が低いと判断できる人にまで積極的にお金を貸していました。

その代償として高い金利、さらに本契約とは別のローンも利用しなければならないという形で借金をすることになり、スルガ銀行は莫大な利益を上げることができたといえるでしょう。

しかし利益を上げるためにスマートデイズの不正などを黙認していたことから、融資姿勢に対する批判が根強いといえます。

二重被害に遭うケースまで

しかも多額の借金に苦しんでいるオーナーに対して、自分たちも同じくスマートデイズの被害者だと話を持ちかける団体なども存在します。

早く対策すればお金を取り戻せると持ちかけ、コンサルタント契約を締結させて数100万円の資金を徴収するという手法です。

入金した直後から連絡が途切れがちとなり、交渉を求めても動いてくれず、まさに詐欺と考えられる手口でさらに金銭を騙しとろうという悪質な団体も存在します。

オイシイだけの話は何か裏がある

不動産投資で不労収入を得ることができれば、老後の年金の足しにできるなど生活には潤いがもたらされるでしょう。しかし「オイシイ」と思える話には何か裏があると疑ってかかることも大切です。投資にはリスクはツキモノであることを再度認識した上で検討するようにしてください。