賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > 老後の生活を豊かにするために不労所得を得るなら?

老後の生活を豊かにするために不労所得を得るなら?


老後、年金だけで生活することは難しいといわれています。

60歳でリタイアしても、年金の支給が開始される65歳まで5年間あるため、その間の収入のない期間、どのように生活していけばよいのかと不安を抱える人も少なくありません。

老後を迎えたあとは、働かなくても自動的にお金が入る不労所得があればと思うものですが、不労所得を得る方法として不動産投資に注目が集まっています。

不動産投資は富裕層だけのもの?

不動産投資やマンション投資などは、貯蓄が十分あってお金に困っていない富裕層の人たちだけが行うものだと思っていないでしょうか。

近年では、富裕層だけでなく、一般的な会社員などサラリーマンが副業的に不動産投資を行うケースも多々あります。

家族にも資産として残すことができる

不動産投資のメリットは、将来的な不労所得を目指せることだけでなく、節税、そして家族に現物資産を残すことができるという部分です。

例えばマンション投資を行う場合、2,000~3,000万円ほどで投資用のアパートローンを金融機関で利用して購入します。住宅ローンより金利は高めに設定されていることがほとんどですが、住宅ローンと同じく、契約者が万一亡くなった時などに遺族が借金を抱えなくてすむように保険金を残債に充当できる団体信用生命保険にも加入できます。

早くローンが完済すれば家賃収入を老後の生活費にできる

例えば家賃保証として、管理会社に部屋を賃貸し、管理会社が入居者に部屋を貸すというサブリースを利用すると、管理手数料を差引いた家賃分をローンの返済に充てることができます。

管理費、減価償却費、ローン金利分などを経費に計上して節税効果を期待しながら不動産経営を続けていき、ローンを完済することができれば、将来、家賃収入のほとんどを老後の生活費に充てることができるはずです。

退職金や再雇用に期待はできる?

リタイアしても再雇用で仕事を続ける人もいるでしょうが、それまでの正社員としての扱いではなくなるため、かなり給料は低くなるでしょうし、ボーナスなどももちろんありません。

継続して年金の受給が開始される65歳まで働いたとしても条件が悪くなりますし、リタイア時に受取ることができる退職金も実際、どのくらいもらえるかわからないという会社もあるはずです。

年金が支給されるまでに2,000~4,800万円くらい貯蓄があることが望ましいといわれていますが、実際のところ、住宅ローンなどの返済に充てるなどでほとんど残らないという人も少なくありません。不安を抱えたまま老後を迎えないためにも、不労所得を得ることを可能とする不動産投資を検討してみてはいかがでしょう。