賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > 南向き物件だけじゃない?日当たり重視するなら東南向きの間取りにも注目!

南向き物件だけじゃない?日当たり重視するなら東南向きの間取りにも注目!


アパートやマンションは、部屋の方角次第で日当たりや日差しの入る時間などが異なります。

人気が高いのは南向きの間取りの物件ですが、やはり日当たりの良さなどが影響しているといえるでしょう。続いて人気なのは、東向きですが、その中間である東南向きの住宅の場合はどうなのでしょう。

南向き物件のほうが賃貸住宅としても人気は高く、売却する場合でも売りやすいだろうけれど、ある程度価格を抑えて購入した東南向きでも、メリットやデメリットを理解しておけば賃貸住宅としても、売却物件としても通用すると考えられます。

それぞれの向きによる特徴

南向きの部屋は長時間日差しが入るため、午前や午後など時間を問わず日当たりのよさを維持できます。夏になると室温が高くなりやすいですが、冬は暖かく過ごせるでしょうし、洗濯物も乾きやすく住み心地はよいはずです。

東向きの部屋になると、朝日が入りやすいので午前中の日当たりは良好です。ただし午後になると日差しが入りにくくなるため、洗濯物も早い時間に干さなければ乾きにくくなるでしょう。

そして東南向きの部屋の場合は、南向きと東向きのよいところを持った物件といえます。朝日が入りやすいので午前中の日当たりは良好、午後も南向きほどではありませんが日当たりはよいですし、夏に部屋が暑くなり過ぎず快適に過ごすことができます。

同じマンションでも東南向きの角部屋は高価格?

同じマンションで同じ間取りの場合でも、価格が高いのは南向きの部屋で、次に東向きの部屋が高くなります。角に位置する部屋は付加価値がつくことから、東南の角に位置する部屋の価格が最も高いケースが多いようです。

入居を希望する人の生活スタイルに合えば勧めやすい方角

東南向きの部屋は東向きより長時間部屋に日光が入りやすいですし、洗濯物は乾きやすいけれど南向きよりも日当たりが強くないので夏でも過ごしやすいことが特徴です。

ただし家具やフローリングなどの日焼けが起きやすく、日差しで目がさめてしまう可能性もありますので、遮光カーテンを設置することで問題を解消できます。

アパートやマンション選びで日当たりを重視する人にとってもよい物件ですので、南向き物件だけでなく東南向きも候補に入れてみましょう。

特に朝早く起きて洗濯したいという朝型生活を送りたい人や、日中在宅して過ごすという人にもよい物件ですので、入居を希望する生活スタイルによっては勧めやすい物件になるといえるでしょう。