賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > 老後の安心を何に求めるか

老後の安心を何に求めるか


少子高齢化、財政不安、社会保障費の拡大など老後に対する不安が増していくニュースが多いなかで安心して老後を迎えるためには何が必要になるのでしょうか。

老後の不安

老後に対する不安は何によって引き起こされるのでしょうか。
若いうちは元気に働くことが出来ますが、年齢を重ねてくるといつまでも同じように働き続けることは出来なくなってしまいます。
老後の安心を何によって築くかは人それぞれなのかもしれませんが、やはり老後の生活を不安なく過ごせるだけの準備を整えておくことが大切です。
では、準備とは何かということになりますが、老後の生活資金に対する備えを十分にしておくことではないでしょうか。老後であっても老後でなくても生活を送るためにはお金が必要になります。
日々の生活に事欠くようでは老後の安心は程遠いと言えるでしょう。
老後の備えをするのに早すぎるということはありません。

自宅と収入口を持つ

老後を迎えてリタイアをするということは、労働による収入口を失うということです。
労働による収入口は失っても公的年金があると言えるかもしれませんが、この公的年金制度が老後の不安要素の一つとなっていると言っても良いでしょう。
今後も支給開始年齢の引き上げや支給金額の減額がいつ行われてもおかしくない状況です。
そうなってくると、まず老後の支出を少なくするために出来る事として、自宅を所有するということが挙げられます。
賃貸住宅に住み続けると、どうしても家賃が毎月発生することになります。
限られた収入のなかで大型の固定費となる家賃を支払う必要が無くなるのは老後の安心材料のひとつとなります。
次に公的年金以外に収入口を持つことです。
収入口が限られてしまう老後において、複数の収入口を持つことは大きな安心につながります。
貯蓄を崩していく生活は、減っていく貯蓄の額だけ不安が増していくものです。

賃貸併用住宅で両方を持つ

自宅と収入口の両方を持つことが賃貸併用住宅であれば可能になります。
賃貸併用住宅であれば、自宅部分の面積割合を50%以上にすることで不動産投資ローンよりも金利が低い住宅ローンを利用することが出来ますし、賃貸部分で賃貸経営を行って獲得した家賃収入をローンの返済に充てることで返済の負担も少なくなります。
住宅ローンの返済が完了すれば、ローン負担の無い自宅が所有できる事になりますし、獲得した家賃収入も老後の生活資金に充てることが出来ますので、公的年金以外の収入口を持てる事になるのです。
老後の安心を手に入れるために、賃貸併用住宅を検討するのは如何でしょうか。