賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > 老後のお金に対する不安について

老後のお金に対する不安について


老後の生活に対する不安を感じる方は、数多くいらっしゃることでしょう。一昔前は、貯蓄をすれば老後は安泰といわれておりましたが、低金利となった今では貯蓄だけでは十分とは言いがたくなっています。どのように老後に備えるべきでしょうか。

■老後に対する不安

老後に対する不安は、少子高齢化による公的年金制度に対する問題、低金利により貯蓄をしても資産が増えていかないこと等の他、いつまで健康で働き続けることは出来ないという思いから生まれてくると考えられます。
このような不安を払拭するためには、将来に備えた行動を取るしかなく、一番はお金などの蓄えをすることです。それでは将来に備えた行動として何を起こすと良いのでしょうか。

■老後への備え

将来の老後に対する備えとして一番有効なのは、やはり資産を作ることです。十分な資産があれば老後に対する多くの心配は解消される事となります。
しかし、低金利であると預金だけではほとんどお金が増えることはありません。このことから老後に備えた資産形成となると手元の資金を増やしていくための資産運用が必要になってきます。資産運用と一言で言っても株式投資、投資信託、不動産投資を始め様々な方法がありますが、どの方法であっても投資した資産を毀損してしまう可能性はあり、慎重な選択が迫られることになります。お金を増やすためには、ある程度のリスクは負う必要がありますが、老後の備えとする訳ですから、リスクは出来る限り少ないものを選びたいというのがあることでしょう。

■不動産投資がお勧めされる理由

老後に備えたお金の問題を解消する資産運用として、不動産投資がお勧めされることが多くあります。
これは不動産投資が一般的にリスクが小さく、安定的な家賃収入を獲得することが見込まれるため年金効果があり、団体信用生命保険に加入することで生命保険効果も得られるためです。しかし、不動産投資を行うにしても、ある程度の自己資金は必要であり、なかなか始めようにも始められないという方も多いことでしょう。

■賃貸併用住宅であれば

そこで賃貸併用住宅を手に入れることで、自宅を所有しながら不動産投資を行うという方法があります。賃貸併用住宅であれば住宅ローンを利用することも可能であり、家賃収入から住宅ローンの返済に回すことが出来るなど、メリットが大きくなり、リスクも小さくなる傾向があります。
また、自宅部分を二世帯住宅とすることで、将来は一世帯分を賃貸に回すことが出来るなどの利点もあります。
将来の老後に対するお金の不安を、賃貸併用住宅で解消するということを検討されてみては如何でしょうか。