賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > 二世帯住宅での生活に対する不満を解消するには

二世帯住宅での生活に対する不満を解消するには


二世帯住宅といっても生活スタイルによって様々な形態があります。二世帯住宅で生活を始める場合に最も避けたいのは、不満やストレスを抱えながら二世帯が同居を続けることではないでしょうか。二世帯住宅に対する不満を解消するにはどうしたら良いのでしょうか。


■二世帯住宅に対する不満

二世帯住宅に対する不満でよく聞かれるのは親世帯、子世帯間でのプライバシーの問題や生活様式の違いから来るストレスなどです。子育てについての親世帯の干渉や食事の嗜好の違いなどにストレスを抱える方も多いと聞かれます。
このような問題を解決する方法として完全分離や玄関だけ共有にして、キッチン、風呂などの水回りや居住スペースを分けるという二世帯住宅がお勧めされます。確かに二世帯を出来る限り分離できれば干渉は少なくなり二世帯住宅での生活に対する不満も解消又は少なくなることでしょう。しかし、分離型の二世帯住宅には大きな問題もあります。

■分離型の二世帯住宅の問題

分離型の二世帯住宅であれば生活に対する不満も解消又は小さくなると分かってはいても、なかなか上手くは行かないケースが多くあります。これは分離型の二世帯住宅を建てるには多額の建築費が掛かることが大きな要因です。建築費の内訳ではキッチン、風呂、洗面台、トイレなど水回りの設備に大きな金額が掛かってきます。
このような多額な金額が掛かる水回りの設備を分離型ではそれぞれ二つ以上設置することになるため、通常の一世帯の住宅と比較すると高額な建築費になるのです。分離型の二世帯を建てたいと思いながらも断念し、不満を抱えつつ二世帯同居で生活している方は決して少なくないことだと思われます。

■賃貸併用住宅なら可能

分離型の二世帯住宅を建てるとなると、自己資金が少なければ住宅ローンの借入額を増やさなければいけません。しかし、年収に見合わない返済額では、生活が苦しくなるばかりで違う不満やストレスが溜まっていくことになります。そこで二世帯住宅を賃貸併用住宅で建てるという方法があります。
賃貸併用住宅であれば自宅以外の部分を賃貸することで家賃収入が獲得できますので、この獲得した家賃を住宅ローンの返済に充てることが可能となります。また、住宅ローンの返済が済めば獲得した家賃から老後の備えや生活の余裕も生まれてきます。また、二世帯住宅のうち使わなくなった世帯の住戸について賃貸に回すことで、更なる家賃収入の増加を見込むことができます。
このように二世帯住宅を賃貸併用住宅にして建てることで、建築費の問題や生活に対する不満を解決することができますので、もし、二世帯住宅の建築をお考えであればご検討をお勧めします。