賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > 老後に備えた不労所得の作り方

老後に備えた不労所得の作り方


豊かな老後といえる生活を送るためには、お金の話を避けて通る事はできません。
お金が無くても精神的に豊かであればそれで良いという方もいらっしゃるかもしれませんが、老後破産という言葉も出てくる中で、生活に困るようでは精神的な余裕は産まれてはきません。そこで不労所得について考えてみたいと思います。

不労所得による豊かな老後

30代であれば働き盛りの世代であり、真剣に老後の備えについて考える事も無いかもしれませんが、老後の備えを始めるのは早ければ早いほうが良いですし、その選択肢も広がります。高齢化社会が進むにつれて定年退職の年齢も引き上げられる動きもみられますが、若い頃のような働き方は出来なくなってしまうのは無理がない事です。
また、いつまで働くことができるのかという不安も拭い去る事はできません。そこで、老後に備えた不労所得を獲得するための仕組みを作っておく事により、老後のお金に関する不安を小さくしておく事が豊かな老後の生活につながるのです。

不労所得の種類

不労所得によって得られるお金とは、労働力を提供する事によって獲得する対価ではなく、お金を得るための仕組みから産み出された対価の事です。この仕組みを作っておく事が老後の収入源を確保する事になるのです。
その方法としては私的年金効果のある保険などに加入したり、株式投資を行う事で配当を受け取れるようにしたりなどといったものがあります。しかし、保険は低金利の影響を受け加入者のメリットは小さくなっており、株式投資は価格変動が激しく専門的な知識も必要となります。老後に備えるためとはいえ、現在の生活をないがしろしてお金をそちらに回す事も問題です。

不労所得の選択肢としての賃貸併用住宅

老後に備えるのも大切ですが、現在の生活も大切です。子供の養育費、余暇を楽しむための費用、居住費など生活を送るには様々な事にお金が必要です。そこで自宅を賃貸併用住宅にして家賃収入を得ながら住宅ローンを返済し、老後に備えた不労所得の仕組みを作るという方法をひとつの選択肢としてお勧めします。
賃貸併用住宅であれば、要件を満たすことで住宅ローンが利用できるために低金利の融資を受けることが可能です。また、獲得した家賃収入を住宅ローンの返済に回すことで月々の返済の負担も軽くなります。
20年から30年に渡る住宅ローンの返済が終われば、ローン返済、家賃負担の必要の無い自宅を所有する事が出来るだけでなく、賃貸部分の家賃収入を老後の生活費とする事で不労所得の仕組みを持てる事になるのです。不動産投資に興味はあるけれども自宅も欲しいという方には特にお勧めできる方法です。