賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > 賃貸併用住宅で不労所得である家賃収入を獲得する

賃貸併用住宅で不労所得である家賃収入を獲得する


家賃収入を得るためにはそれなりの労力が必要ですが、なぜ不労所得と言われるのでしょうか。また、賃貸併用住宅による家賃収入を獲得する方法に注目が集まってきていますが、何故なのでしょうか。

不労所得を獲得する方法

不労所得というと、文字からは働かずして所得を獲得する事をイメージされる方も多いかと思います。何をしなくても毎月、毎年お金が入ってくるというのはお金を稼ぐために働く者にとっては憧れる話です。
昭和のバブルの頃は定期預金で8%の金利だったときもあり、金利による所得だけでも結構な金額になる時代でした。現在では、金融機関にお金を預けていても利息は僅かです。そこで、不労所得を獲得するためには資産運用が必要になるのですが、その方法が問題となります。ある程度の資産があれば、株式や投資信託などで収益を獲得又は資産運用会社に投資をして不労所得を獲得するというのも良いでしょう。
しかし、株式投資などはハイリスクハイリターンであり、一歩間違うと資産を大きく失うという事もあります。また、プロに委託する方法ですと、それなりの手数料が発生することになります。また、一方で、マイホーム、子供の学費などで資産運用に大きな金額を掛けられないという方もいらっしゃる事でしょう。
そこで、マイホームも手に入れながら不労所得も獲得する方法として賃貸併用住宅による家賃収入に注目が集まっています。

家賃収入を得るための労力は必要

賃貸併用住宅の運営によって家賃収入を獲得することによる不労所得は、利子や資産運用を委託して獲得する所得とは性質が異なります。賃貸併用住宅を運営するためには、運営管理のために労力を使います。
しかし、この労力は家賃収入を獲得するという仕組みに対しての労力であり、労働によって賃金を獲得する事とは異なるため不労所得と呼ばれるのです。このため賃貸併用住宅を始めとした不動産投資では、賃貸用不動産を購入すれば自動的に不労所得が獲得できるという訳ではなく、家賃収入の獲得に向けた労力は必要であるという認識を持つ事が大切です。

賃貸併用住宅に集まる注目

自宅も所有したいが、不労所得を獲得する仕組みも持ちたいという方が注目する賃貸併用住宅ですが、それだけの魅力があるからに他なりません。
不労所得という点に関しては、低金利の住宅ローンを利用する事もできるため、少ない自己資金で家賃収入という不労所得を獲得する仕組みを作ることが可能という点が挙げられます。自宅も所有したいけれど、将来に備えて不労所得を獲得する仕組みも持ちたいという方にはお薦めの方法です。