賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > 後悔しない二世帯住宅とは

後悔しない二世帯住宅とは


親の老後の面倒を見るため、出費を削減するためのほか、家の建築資金の援助を期待するなどで二世帯住宅にして親と一緒に住もうとする人にはそれぞれの理由があることだと思います。しかし、二世帯住宅にして後悔しているという人も多いという話も聞きます。後悔しないためにはどのような二世帯住宅にしたら良いのでしょうか。

二世帯住宅による後悔

二世帯住宅にすることで、それまで良好だった親子関係が上手く行かなくなってしまったという話やストレスから子供につい辛く当たるようになってしまったという話はよく耳にします。せっかく二世帯住宅に住むのですからお互いの世帯が助け合って気持ちの良い生活を送りたいものですが、現実はなかなかうまく行かないことも多いようです。
二世帯住宅で生活を送るようになって起こる後悔にはどのようなことがあるのでしょうか。
もっとも良くいわれる二世帯住宅にしたことによって起きた後悔は、プライバシーが無くなるということです。特にキッチンや風呂などの水廻りを二世帯で共用する間取りの二世帯住宅となるとその傾向が顕著に現れるようです。また、子世帯の奥様の生活や子育てへの親世帯の干渉があるということで二世帯住宅での同居を承諾してしまったことについて後悔をしているという話も良く聞きます。

二世帯住宅で大切なこと

後悔はしても順応していくことが出来るのであれば良いのですが、あまりにもトラブルが続き、強いストレスを抱き続けた結果、家庭内不和や最悪なケースでは離婚問題にまで発展することもあります。これでは二世帯住宅で生活を始めたことを後悔しても後悔しきれません。
離婚とまでいかずとも結局は二世帯で生活するのを諦めたとしたら禍根を残すだけでなく、無駄に広くなってしまった家にどちらかの世帯が住み続けることとなり、住み続ける側には固定資産税などの住居費用、出ていく側としても転居費用が掛かることとなり経済的にも後悔することになります。
二世帯住宅で後悔しないためにはお互いが程よい関係でいられるような良い意味での距離感が大切なのです。

二世帯住宅の間取りを工夫

二世帯住宅で生活をしながら程よい関係を保つための距離感を得るためには間取りが大切です。費用は掛かりますがキッチン、風呂、トイレなどは世帯ごとにあることが望ましいといえます。
子世帯のキッチンは大きく、親世帯のキッチンは小型にするなどして工夫をすることも必要です。また、玄関も別にしてそれぞれが独立した住戸であると同じ屋根の下で生活はすれどもそれぞれが独立した世帯となりますので程よい距離が保てることとなります。
二世帯住宅を賃貸併用住宅使用にすれば、長期的には他人に賃貸することも可能です。後悔しないためにも二世帯住宅を取得、建築する前に十分に検討するようにしましょう。