賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > 家賃収入を得て生活を豊かにする賃貸併用住宅

家賃収入を得て生活を豊かにする賃貸併用住宅


老後などの不安に備えて何かをしたいと思いながらも、何をして良いのか分からないという方も多いと思います。また、自宅を購入又は建築する予定のために手元の資金を投資などに回すことに躊躇されている方もいらっしゃることでしょう。
しかし、賃貸併用住宅であれば自宅を手に入れて、かつ、家賃収入を得て生活を豊かにすることができる可能性があります。

賃貸併用住宅を勧める理由

マイホームを建てるために自己資金を貯めていらっしゃるかたも多いことでしょう。やはり自分の家というものは特別なものであり、さらに自分自身及び家族のこだわりを反映させるために建売分譲やマンション分譲ではなく注文住宅を建てたいという方もいらっしゃいます。
自分の好きな間取りのマイホームを建てる。それは考えただけでもワクワクすることに違いありませんが、ここで少し考えてみましょう。そのマイホームには何年住みますか。住宅ローンをどれだけ借りて、何年掛けて返済するのですか。そして、そのマイホームは費用が掛かるだけではありませんか。
確かに家賃を支払っているのであればマイホームの返済に充てる方が良いという考えは分かります。しかし、賃貸住宅に住んでいることの強みは生活様式の変化に合わせて住まいを変えることができる点にあるといえます。
であれば費用を払うだけでなく収入を得ることが出来て、生活様式の変化に合わせて住まいの大きさや間取りが変更できれば、ほとんどの問題は解決できるのではないでしょうか。賃貸併用住宅であれば、それが出来るかもしれません。

家賃収入を得ながら自宅で暮らす

賃貸併用住宅は自宅のほかに賃貸部分を持った住宅のことです。したがって自宅で生活をしながら賃貸部分を貸し出すことで家賃収入を得ることが出来るのです。自宅を所有するということは、固定資産税の支払い、修繕費の負担など費用は発生するばかりで収入を産み出すことは基本的にありません。
しかし、賃貸併用住宅であれば獲得した家賃収入でこれらの費用を支払い、さらに残ったお金を住宅ローンの返済に回すことで生活が大変楽になります。また、子供が独立したりして余った部屋が出来た場合には間取りを変更できるようにしておけば余ったスペースを賃貸することも出来なくはありません。二世帯住宅への対応もしやすくなります。

賃貸併用住宅での留意点

賃貸併用住宅は自分達が生活する以外のスペースで不動産投資を行うということと同じです。建てれば必ず上手く行くというものではありません。家賃収入を獲得するためには借りてくれる人が居なければいけません。事前に十分に賃貸市場の調査を行って賃貸ニーズを把握した上で取り組むことが大切です。