賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > 二世帯住宅で起こり易いトラブル

二世帯住宅で起こり易いトラブル


別々に生活をしていた親世代と子世代が二世帯住宅で一緒に暮らすとなると些細なことでもトラブルになることがあるものです。もし、二世帯住宅を建てて一緒に暮らすのであれば避けられるトラブルは避けておきたいところですが、どのようなことがトラブルになりやすいのでしょうか。

二世帯住宅で起こり易いトラブル例

それまで別々の生活を送っていた親子が二世帯住宅で住むとなると親子とはいえ色々と問題が出てくるものです。特に子世帯の夫婦のどちらの親と一緒になるのかによっても状況は変わってくるものです。それぞれの関係性によってトラブルの内容は異なってくるものだとは思いますが、よくあるトラブルとして次のようなものが挙げられます。

生活のサイクル、スタイルの違いによるトラブル
子世代がサラリーマンなどの勤め人で更にその子供が学生で、親世代は既に隠居して余暇を楽しむ生活を送っている場合では、その生活サイクルもスタイルも全く異なるものになります。子世帯の朝は忙しいものですが、親世帯はゆっくりとしたものです。
このような違いをひとつのキッチンで共有することに無理が出てきます。洗濯や風呂などの水廻りの使い方も異なります。このように毎日続く小さなすれ違いは大きなストレスに繋がりやがてトラブルの原因となりやすいのです。

お金の問題
親子であってもお金の管理は大切です。生活を一緒にするとなると電気代、ガス代、水道代、固定資産税などどちらがどれだけ負担するのかでトラブルになることがあります。この不平不満にはキリが無いのも特徴で色々なものを共有していると上手く切り分けることが難しくなるという特徴があります。また近親者故に不平・不満が溜まりやすいということもあるでしょう。

二世帯のトラブル解消のひとつの方法

このようなトラブル解消の方法のひとつとして二世帯住宅を賃貸併用住宅で建てるという方法があります。それぞれが独立した空間を作ることで日常の生活は分離し、何かあればお互いの住居を行き来するという方がそれぞれのプライバシーが保たれるとともに生活スタイルに干渉することもありません。
また、賃貸併用住宅であれば将来的に生活スタイルが変わったときにも柔軟な対応がしやすくなります。例えば子世帯の子供が成長し独立した場合で親世帯の住居スペースが空いていた場合にはそこへ生活の場所を移し、それまで住んでいた場所は賃貸に供しても良いですし、子供たちの生活の場としても良いでしょう。

建築費は嵩むが利点の多い賃貸併用住宅

賃貸併用住宅で建てるとなると水廻りを始めとした設備もそれぞれの世帯ごとに必要となるので建築費が嵩むことになりますが、気持ちよく生活を送ることができるのであれば安いものかもしれません。何より親世帯、子世帯の住居の他に賃貸部分を作っておくことで家賃収入が得られますので返済が楽になるというメリットもあります。
もし、これから二世帯住宅を考えていらっしゃるのであれば賃貸併用住宅で建ててみることを検討してみることをお勧めします。