賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > 住宅ローンを使って賃貸物件の購入はできない?

住宅ローンを使って賃貸物件の購入はできない?


歴史的な低金利が続いており、金融機関も不動産投資ローンによる融資に積極的になっています。しかし、不動産投資ローンは基本的に住宅ローンと比較すると高い金利設定がされています。
もし、住宅ローンを利用して不動産投資が出来れば長期間の固定金利で、しかも不動産投資ローンと比較すると低金利で利用できるのですが可能なのでしょうか。

住宅ローンにある制限

金融機関が行っているローンには住宅ローンをはじめ、不動産投資ローン、カーローン、教育ローン、使用用途に制約の無いフリーローンなど色々な種類があります。金融機関はそれぞれのローンの内容やリスクに応じてそれぞれに異なる金利を付けています。当然、貸付金の回収のリスクが高いものは金利が高くなります。
住宅ローンは、ローン名義人自身が居住する目的で購入する住宅について利用することができるため借入人はモチベーションを高くして返済を続けると考えられることから、住宅ローンには低い金利が適用されます。この低い金利の住宅ローンで不動産投資の物件購入ができればと考える人は多いのですが、基本的に賃貸物件などの不動産投資物件には不動産投資ローンを利用するしかありません。

賃貸物件で住宅ローンを利用するには

しかし、賃貸物件の取得に住宅ローンを利用する方法があります。ローン名義人が居住する賃貸併用住宅を取得する場合には、住宅ローンを利用することができるのです。しかし、このためには条件があり取得する建物の延床面積の50%以上が自宅用スペースであることが必要です。この条件を満たすことで家賃収入を得られる賃貸併用住宅が住宅ローンの利用によって取得することができるようになります。
仮に自宅部分が50%に満たない物件でも区分所有で物件を分けることによって一部住宅ローンを利用できるケースがありますので、建設会社や土地家屋調査士などの専門家に相談をしてみましょう。

住宅ローンが有利な理由

住宅ローンを利用して賃貸併用住宅を購入することが有利である理由には色々なものがあります。適用金利が低いと返済額が少なくなりますから、家賃収入のうちローン返済に回せる金額が多くなります。
また、長期の固定金利が選択できるため金利変動のリスクを排除することができます。そして、年末時点の住宅ローン残高の1%相当額が税額控除されるという大きなメリットもあります。
このように住宅ローンを利用するメリットが多くあるので賃貸併用住宅の取得であれば住宅ローンを利用することを前提に計画されることをお勧めします。