賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > 月々のローン返済の負担を軽くする賃貸併用住宅

月々のローン返済の負担を軽くする賃貸併用住宅


マイホームを買ったのはいいけれども毎月のローンの返済の負担が大きくて返済を続けることに不安を抱いたりされる方は多いのではないでしょうか。ローンの返済に余裕が無いと、病気やケガなどで返済原資となる収入が落ち込んでしまったりしたときに返済が出来なくなってしまうことがあります。
しかし、賃貸併用住宅を上手く利用すると返済の負担が小さくなることをご存知でしょうか。

大きくなる総額

賃貸併用住宅とは、自宅の建物の一部を賃貸住宅として他人に賃貸することを前提とした住居のことです。したがって自宅として必要な部分以外に賃貸用の部分があるために建物は自宅だけの住居と比べて床面積は大きくなるのが通常であり、建物が大きくなる分だけ必要な建築費も大きくなります。
となると、自己資金を増やすことが出来なければ借入金額を増やさざるを得ないため返済の負担が大きくなると思われますが、どうして月々の返済の負担を軽くすることができるのでしょうか。

軽くなる負担

賃貸併用住宅は賃貸部分を賃貸することによって家賃収入を得ることができるからです。これは不動産賃貸経営を行うということなのですが、賃貸経営が順調に行われれば黒字の収支となり、当該黒字の金額をローンの返済に回すことが出来ます。この黒字の金額が大きければ大きいほど返済の負担を軽くすることが可能となるのです。
自宅も購入したいと考えており不動産投資にも興味がある方にとっては、一定の条件をクリアすることで一石二鳥以上の効果もあります。と、いうのはローンに課される金利が不動産投資ローンよりも住宅ローンの方が小さいからです。住宅ローンは自己の居住用の住宅でなければ利用することができませんが、延床面積の50%以上が自宅部分であれば住宅ローンを利用することができます。
もし、自宅部分が50%を切る場合には、自宅部分と賃貸部分を区分所有することで自宅部分には住宅ローン、賃貸部分には不動産投資ローンを利用するということもできますが、低金利のメリットは小さくなってしまいます。

メリットの多い賃貸併用住宅の住宅ローン

賃貸併用住宅で住宅ローンを利用することで月々のローン返済の負担を軽くすることが可能になりますが、これ以外にもメリットが多くあります。
長期の固定金利を選択できるため返済方法のバリエーションが多くなります。また、不動産投資ローンに比較して融資の審査が下りやすいというのも魅力です。そして年末調整では住宅ローン減税の適用によって税金の還付を受けられます。
このようなメリットも知っておいた上で賃貸併用住宅の購入、建築を検討されると広い視野で物件の検討も出来るようになりますのでしっかりと確認しておきましょう。