賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > サラリーマンが賃貸併用住宅を買うのはオススメ?

サラリーマンが賃貸併用住宅を買うのはオススメ?


賃貸併用住宅の価格は高め

サラリーマンが賃貸併用住宅を建てれば、給料と合わせて家賃収入を得ることができます。収入源を増やせる点はメリットですよね。
ところが、賃貸併用住宅は通常の住宅よりも価格が高いです。自分が住む部分だけではなく、賃貸部分も購入するわけなので当然とも言えますね。
ただ、価格が高い住宅を買うとそれだけリスクが高くなります。また、ローンの借入額が多くなれば、利息負担も増えてしまいますよ。ただ単に住宅が欲しいだけなら、普通にローンを組んでマイホームを買うのもアリでしょう。

利回り重視なら投資用マンション等を買おう

不動産投資をして利益を得たい、と考えているサラリーマンもいるでしょう。しかし、利回りを重視するなら賃貸併用住宅ではなく、投資用のマンション等がおすすめです。
というのも、投資用マンション等のほうが高い利回りを期待できるからです。賃貸併用住宅では、どうしても自分が住む部分を確保するために利回りが下がってしまいます。投資目的であれば、投資用の不動産を買ったほうが早めに投資額を回収できますよ。

最小の負担でマイホームを手に入れたいなら検討の価値アリ

利回りの低い賃貸併用住宅ですが、マイホームが欲しい人にとってはメリットもあります。家賃収入が得られるため、月々のローン返済額が少なくて済むのです。
マイホームを手に入れたいものの、養育費がかさむなどしてローン返済が難しそう、ということもあるでしょう。収入が多ければローンは組みやすいですが、支出も多ければ返済が大変ですよね。
賃貸併用住宅なら、サラリーマンが実質的には少ない返済額でローンを借り入れることができます。もっとも、空室になって賃料が途絶えるリスクには十分注意しましょう。

不動産投資の意識が薄いなら賃貸併用住宅は賢い選択

賃貸併用住宅からは家賃収入が期待できます。しかし、不動産投資としてみるなら、投資用物件のほうが望ましいです。
賃貸併用住宅を買うと良いのは、不動産投資の意識が薄い場合です。サラリーマンとしての収入が十分あれば、不動産投資にはそれほど興味がない、という人もいるでしょう。
不動産投資の意識が薄く、あくまでもマイホームを手軽に手に入れたい、と考えているだけなら、賃貸併用住宅は賢い選択ですよ。ローンは組めるけれど月々の返済は心配、という理由でマイホーム購入をためらっているサラリーマンは、賃貸併用住宅の購入を検討してみてはいかがでしょうか。特に利便性の高いエリアや環境の良いエリアでのマイホームが欲しいなら、賃料収入も得やすいですよ。