賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > 不動産投資物件をリノベーションするメリットとは?

不動産投資物件をリノベーションするメリットとは?


リノベーションで入居検討者のイメージがアップ

リノベーションを行うと、入居者募集の際のアピールに効果的です。リノベーションしたばかりの物件となれば、中古感が薄れるからです。
賃貸物件を探している人の中には、費用面で中古を検討しているものの、他人が生活した印象を嫌う人もいます。リノベーション直後の物件であれば、自分が最初に住む物件のように感じられますよね。
さらに、リノベーションに取り組んだことが入居検討者に伝われば、大家としてのイメージも上げることができます。定期的に物件の品質維持・向上に取り組む姿勢は、安心感を与えるからです。

築年数より設備状況を重視する人も少なくない

賃貸物件を探す際に、築年数よりも設備の状況を重視する人も少なくありません。特にマンション等の集合住宅では、多少築年数が経っていても、1部屋1部屋の傷み具合は様々です。そのため、設備の新しさなどを気にする人が多いです。
リノベーションを行えば、設備を更新し、最新のトレンドに合わせて整備することができます。マンションやアパート等の集合住宅の賃貸経営を検討しているなら、リノベーションにより設備を定期的に更新してみてはいかがでしょうか。

リノベーション費用は経費計上できる

複数のメリットがあるリノベーションですが、一定のコストがかかります。家賃収入が増えるメリットこそあるものの、支出も増えてしまうことは悩みの種です。
ところが、リノベーション費用は経費計上することができます。課税所得を減らす効果があり、節税につながりますよ。節税となる額を意識しておけば、リノベーション費用を少し多めにかけることができます。思い切ったリノベーションで高めの家賃収入を狙ってみてもよいでしょう。
経費計上は、家賃収入が多い年に行っておくと節税効果を最大化できます。入居率が高い状況が続きそうなタイミングを見計らって、節税につながるリノベーションを行いましょう。

所有する資産価値も高まる

リノベーションを行えば、自己資産の価値を高める効果も生まれます。賃貸ししている不動産に住むのは賃借り人です。しかし、リノベーションした物件はあくまでも自分のものですよ。
そのため、リノベーションによって自己資産の価値を高められるメリットもあります。ローン返済期間中は賃貸ししておき、ローン返済が終わったら自分で住むことを検討している場合は、特にリノベーションによる資産価値アップがうれしいですね。