賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > マイホームを賃貸に出すメリット・デメリット

マイホームを賃貸に出すメリット・デメリット


マイホームを手放すなら賃貸もアリ?

引っ越しのために住み慣れたマイホームを離れる際、売却だけが選択肢ではありません。賃貸に出して家賃収入を得る方法もありますよ。
では、マイホームを賃貸に出すとどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

マイホームを賃貸に出すメリット

まず、メリットを確認します。マイホームを賃貸に出せば、自分の資産であり続けます。そのため、将来的にマイホームに戻ることができますよ。転勤などの理由で一時的に引っ越さざるを得なくなった場合は、定期借家形式で賃貸に出すことも可能です。
また、賃貸の場合は売却よりも手続きが短期間で済む場合があります。マイホームの買い手と比べて早めに借り手が現れることも考えられますね。急いでマイホームの扱いを決めてしまいたい場合は、賃貸も検討してみましょう。

マイホームを賃貸に出すデメリット

マイホームを賃貸に出すとデメリットもあります。
まず、借り手がどの程度丁寧に室内を使用するかがわからない点です。もちろん、退去時に原状回復費用を請求することは可能です。しかし、自分の資産がどう扱われるかわからないことに不安を感じることもあるでしょう。取り扱いが気になるなら、売却してしまったほうがスッキリしてストレスが少ないかもしれません。
また、まとまった資金が手に入らない点もデメリットです。売却すれば売却代金を得られます。いっぽう、賃貸なら礼金こそ最初に確保できますが、その後は月々の家賃収入があるだけです。住み替え先の住宅をローンで購入する場合には、売却代金を頭金に充てたいケースもありますよね。住宅という資産よりも、現金を手に入れたい場合は賃貸に出すのは得策ではありませんね。

新規購入で住み替えるなら売却がオススメ

賃貸に出すことに長短両面があるマイホームですが、新規購入で住み替えるなら売却がおすすめです。
というのも、ローンの借入額を減らせるからです。住宅ローンには一定の金利が付きます。借入額が多いほど金利がかさみ、総返済額が膨らんでしまいますよ。マイホームを売却しても、新規購入するなら新たなマイホームを確保できます。住宅資産を持ち続けられるので、一定の安心感もあります。
不動産賃貸で収入を得たい場合は、マイホームの活用ではなく、投資用にマンションを買ってみると良いです。投資目的で探した物件のほうが、賃料収入を安定させやすいのではないでしょうか。マイホームの売却代金が多ければ、投資用不動産の購入費用にも充てられるかもしれませんよ。