賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > シェアハウスに不動産投資するメリット・デメリット

シェアハウスに不動産投資するメリット・デメリット


シェアハウスとは?

シェアハウスは、近年人気が高まりつつある住居です。複数人でキッチンやバスなどの設備を共有することで、住居費を削減できます。個人用のプライベート空間が確保されているケースが大半なので、安心して暮らすことができますよ。
特に都市部など地価が高いエリアでは、なかなか希望の賃貸物件が見つからない、と悩む人が少なくありません。専有面積が少ないシェアハウスであれば、好立地でも比較的家賃が抑えられるメリットがありますよ。国土の狭い日本に適した暮らし方と言えます。

シェアハウスに不動産投資するメリット

不動産投資先として、シェアハウスにはいくつか魅力があります。
まず、初期費用を抑えられることです。1世帯ごとにキッチンやバス等を準備する必要がありません。そのため、建設コストを抑えることができます。
コストを抑えることができれば、同じ費用で多くの世帯に入居してもらうことができます。少ない物件からの家賃収入に依存する場合と比べて、家賃収入が急減するリスクが下がりますね。
不動産賃貸ビジネスでは、空室リスクをしっかり考慮する必要があります。シェアハウスだと1世帯から得られる家賃収入が少ないため、収入源を分散できますよ。不動産投資に関心があるものの、空室が長期化してローン返済ができなくなることが心配、という人はシェアハウスへの投資を検討してみてはいかがでしょうか。
シェアハウスは所有欲に乏しい若年層などを中心に人気を集めています。他人とのつながりも一定程度持つことができるため、人間関係を築きたい人にもオススメできる物件ですね。

シェアハウスに不動産投資するデメリット

シェアハウスでは、住民同士が共有する設備が複数あります。そのため、住民同士が顔を合わせる機会が多くなりがちです。結果として住民間でのトラブルが発生する可能性が高まります。
もちろん、人間同士のつながりが多いことは、シェアハウスのメリットでもあります。しかし、ひとたび人間関係が悪化すれば、住民同士のトラブルが発生し、一気に複数の退去が発生するリスクがあります。
特に、生活時間が不規則など他人に迷惑をかけがちな人が入居すれば、良い住民を失ってしまうことが懸念されます。シェアハウスに不動産投資する際には、入居者が他人と協調できるかどうかを意識しながら、慎重に借り手を選べる体制を整えておくことが大切ですよ。