賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > 地価の高い東京では賢く賃貸併用住宅を建てよう!

地価の高い東京では賢く賃貸併用住宅を建てよう!


便利な東京暮らしはコストがかかる
東京はオフィスや商業施設が集中している便利な土地です。そのため、東京暮らしをしたい、と考えている人は多いでしょう。
ところが、東京は地価が高いです。また、賃貸住宅を借りる場合も、他の地域と比べて家賃相場が高いですよね。便利な東京暮らしをしようとすれば、どうしてもコストがかさんでしまいます。
住居費を抑えつつ便利な東京で暮らしたい、と考えるなら、賃貸併用住宅を検討してみましょう。

賃貸併用住宅にすれば住居費負担が抑えられる

賃貸併用住宅は、一部を賃貸に出す住宅です。賃貸部分からは賃料収入が得られます。そのため、住居費の一部を賃料収入と相殺することができますよ。
地価や家賃が高い、という点は、東京に住むとなるとデメリットと言えます。しかし、逆に考えれば、東京で住宅を賃貸に出せば、高めの家賃収入を得られることがわかりますよね。
賃貸併用住宅は、今の住宅をリフォームするなどして実現の可能性があります。今暮らしている土地では難しい場合でも、住み替え時には賃貸併用住宅を検討するとよいでしょう。

家族構成の変化で賃貸併用住宅に住み替えを検討しよう

賃貸併用住宅は、今の住宅内に無駄なスペースが多い場合に威力を発揮します。無駄なスペースを放置していると、管理コストがかかるだけで意味がありません。家族構成の変化等によって家に余ったスペースが多くなっていませんか。
もし多くのスペースが余っているなら、賃貸併用住宅への建て替えや住み替えを検討してみましょう。居住スペースを減らすことで、管理の手間も省くことができますよ、
自宅の一部を回収することで、もう1世帯が住めるようになれば、賃貸併用住宅となります。家賃収入を得ることで、トータルの住居費負担を抑えることができますよ。

建物の階数を増やせば賃貸併用にできるチャンス

今の家には余分なスペースが少ない、という人も、建物を3階建てにするなどして土地を節約すれば、賃貸併用にできる可能性があります。もし3階建て建築が認められているなら、実現できないか考えてみてくださいね。
うまく空間を利用すれば、土地の所有面積を増やさずに済みます。固定資産税の増加を抑えながら賃貸併用住宅を建てられるチャンスがありますよ。特に地価の高い東京では固定資産税もかさみがちです。賢く空間を活用することで、お得に賃貸併用住宅を建ててみませんか。