賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

中古、リフォーム、リノベーションの賃貸併用住宅なら 賃貸併用住宅.com > ニュース・コラム > 他業種と比べるとまだまだ努力の余地がある「大家さん業」?

他業種と比べるとまだまだ努力の余地がある「大家さん業」?


House. My dream

家や部屋を貸すことで収入を得ている、いわゆる「大家さん業」とはすなわち不動産経営です。

この大家さん業を担っている方々にとって「経営者である」という自覚があるかどうかで事業の成否が大きく変わってくるのではないでしょうか。

たとえばレストラン経営者は多くの競合店から自分の店をお客様に選んでもらえるために、価格やメニュー、味付け、さらには従業員のサービスなどの向上に努めます。また、現在新規起業や拡大が著しいIT事業においてはベンチャーキャピタルと呼ばれる投資会社からの資金調達を得るために緻密な事業計画を作成したり、それに則って従業員を先行して増やしたりなどさまざまな経営努力を行います。

 

どの業種においても「収益の向上」や「顧客満足度の向上」、「製品・サービスの品質向上」について最優先に取り組んでいます。

大家さん業=不動産経営であるにもかかわらず、「不動産は持っているだけで儲かる」と見なされてしまうことが多いように感じます。

「儲かる」と思ってマンション購入しても、運営の努力をしないとイタい目に….

「儲かる」と思ってマンション購入しても、運営の努力をしないとイタい目に….

 

不動産経営には建物や設備、契約や法務・税務などにおける知識が必要です。

そして賃貸併用住宅においては賃貸部分でどのように収益を得るかということを学ぶ必要が生じます。

賃貸不動産の運営については、大家さん自身が管理をする場合と、専門の管理会社に委託する場合に分かれます。

大家さん自身が管理をする場合は入居者の快適さを維持向上させ、ひいては長く入居してもらうにはどうしたらよいかについてや、空室対策・空室解消策などについて学ぶ必要があります。

管理会社に委託する場合は、どの会社を選ぶかということや管理会社が気持ちよく仕事できる環境・関係をつくるにはどうしたらいいかということなどについて学ぶ必要があります。実際に入居者と対峙する管理会社にとって仕事がしやすいということは多くの大家さんが考えている以上に重要な項目だと思います。

a0008_001880

管理会社も10社あれば10通りの仕事をします。悪質な管理会社もいるようです。オーナーさんもちゃんと見極めて、友に協力しあえるパートナー関係を作れる管理会社を選びましょう。

 

賃貸併用住宅についても、買って終わり・建てて終わりという会社よりは、その後も継続的に相談できる関係を築けるような会社を選ぶということが大事です。なぜなら会社選びは不動産経営という事業の大事なパートナーに当たるからです。



この記事を書いた専門家はこの人!

okada 岡田 雅之 / 株式会社リオ・トラスト 法人営業部  http://rio-trust.com

貸併用住宅マイスター

賃貸併用住宅のノウハウや仕組みの認知を広げる為、セミナーや講演を行なっております。

個別相談では、様々な専門家と協力して、Bestな賃貸併用住宅のアドバイスをさせて頂きます。

 また、法人社宅の仕組みや、節税提案等もお任せ下さい。