賃貸併用住宅のことなら、賃貸併用住宅.com

住む+貸す!あなたのライフプランに合わせて、様々な賃貸併用住宅の活用が出来ます。


住宅だけではない!様々な賃貸併用住宅の活用パターン。中古物件の場合はリノベーションしてご希望の使い方が可能です!

賃貸併用住宅の代表的な用途タイプをご紹介します。

①    住居 / 賃貸併用住宅

最も一般的な賃貸方法です。
このウェブサイトでも住居タイプの賃貸併用住宅を最も多く掲載しております。
立地が重視される傾向に御座いますが、例えばデザイナーズ物件として賃貸居室を作る事で、

エリアにこだわらない(物件にこだわる)方々の入居を促進する事も有効です。

現に、相場賃料より1万円程度高い賃料設定であっても、入居率好調の物件は多々ございます。

築年数の古い物件の場合は、水廻りなどリフォームする事により、

以前より高い賃料で貸し出す事も可能です。

ただ、水廻りのリフォームはその他の場所のリフォームと比較するとやや高額な傾向に御座います。

水廻りといっても色々ございますが、一般的なものですと、

洗濯機置き場を室外から室内に持ってきたり、ユニットバスをトイレとバスルーム別にしたり等が挙げられます。

いずれも1箇所数十万~数百万かかるケースも御座いますので、目的に合わせてリフォーム内容を考える事が大切です。

jyukyo

 

② 店舗・事務所   /
店鋪併用住宅,テナント併用住宅,コンビニ併用住宅,美容室併用住宅,事務所併用住宅 等

住居同様に利用者には立地と広さが重視されますが、
住宅地ならではの有利な業種(コンビニ、美容室 等)であれば、
駅からやや離れた立地であっても安定稼働が可能です。また、通常の住居に比べると長期の入居が見込めます。
tenpo

 

③ 介護・医療施設 /
介護併用住宅,デイサービス併用住宅,病院併用住宅,医院併用住宅,動物病院併用住宅 等

賃貸住宅には不向きな最寄駅が遠い立地でも、住人の多い住宅地周辺の場合、介護・医療施設は安定した稼働率が確保できます。
今後、需要は増えていく分野と思われ、住居と違い長期的に入居(10年、15年など)が見込めます。

また、施設の運営会社と事前に賃貸条件について打ち合わせをする事で、リスク少なく、運営及びローン返済が可能となります。

歯科医院、クリニックや動物病院、カイロプラティック等の医療施設も条件によっては可能です。

dei

 

④ シェアハウス / シェアハウス併用住宅

昨今、人気のシェアハウスですが、
規制が厳しく、建築基準法等に違反していない物件はおおよそ2%程度と言われております。

逆に考えると、合法のシェアハウスは非常に貴重だと考えられます。

東日本大震災以降、人とのつながりを重視する方が増えており、

以前のように「安いからシェアハウスに住む」という時代は変わってきております。

人とのふれあいを付加価値とすることで、

家賃については、まずまず取る事が出来る時代となってきておりますので、

賃貸併用住宅としてのシェアハウスも非常に面白いカテゴリーです。

shea